7.お茶に誘う【2019超まとめ】確実に彼女を作りたい人へ

特別記事
この記事は約6分で読めます。

5通目のメッセージを始めてから1週間経つか、「メッセージの目的」がだいたい聞けたら、待ち合わせを打診します。

断られる事を考えると怖くなり、ついメッセージを続けてしまいがちですが、話題が途切れる前の話し足りないときに誘わないと二度とチャンスはやってきません。マッチングしてから遅くても3週間以内に誘いましょう。

誘い方は、いきなり夕食やお酒に行くのは会ってみてNGだった時のリスクが大きいし、初対面で1時間以上話すのは精神的な負担も大きいため、まずはお茶かランチに誘います。

時間は平日の仕事帰り、または休日の昼間が良いでしょう。場所は仕事帰りなら相手の自宅~職場の間で自宅にも職場にも近すぎない場所。休日なら相手が普段、出かける場所にしましょう。人気のない場所は女性から警戒されるので避けます。

誘う時のメッセージ

誘う時のメッセージはこんな感じです。

XXさん良かったらそのうち一度お茶しましょう。話したい事が多すぎてもどかしいので🙂

いきなりご飯行ってもイメージと違ったら申し訳ないので、まずは仕事帰りに(または)休日に○○駅で30分とか、お茶(またはランチ)しながら話せればと思いました👍

もう少しメッセージしたいとか、いま忙しいとかお断りのメッセージが来たら

分かりました。またにしましょう。いきなりお誘いしてすみません、どんな人か気になって🙂

 

そういえば○○ですが…(次の話題)

と返信して、後日、改めて誘います。

3度断られたら脈なしか、相手が他のことに忙しいため長期戦が予想されます。相手とメッセージを続けるか止めるかの決め時ですので、Pairsでの活動サイクルの状況とあわせて、冷静に考えて判断しましょう。

誘うときの注意

物で釣らない

女性を誘うときは常に「あなたが相手を気になっているから会いたい」という体にします。美味しいお店とか、夜景とか、おごるからとか、あなた以外の何かで釣ってはいけません。あなた以外の他の目的で誘い出せても、時間の無駄になる可能性が高いためです。

自分の事が気になって会いに来るのか、他の何かが目的で来るのか分からなくならないよう、はっきり「会ってみたいから」と誘いましょう。

あなたが女性と付き合った時に提供できるのは、あなたの優しさや、一緒にいるときの楽しさや安心感、相手を理解してリードしていく積極性です。お金や物、外見の格好良さではありません(しそこを気に入られても長続きしません)。

会うのは短時間にする

たくさん話したかったとしても、相手がOKしてくれそうでも、1回目は必ずお茶か休日ランチにしましょう。会ってみたらあなたの方が相手にNGかもしれません。また、初対面の緊張でボロが出る前に解散したほうが、次回に繋がります。

それに、会ってから何回目で付き合うかは人によると思いますが、この日だけで1回は稼げます。(せこい

誘ってみてOKの返事が来たら日時を調整しましょう。上記「誘う時のメッセージ」では「そのうち」と書いてますが、OKならすぐに誘います。

相手から日時・場所の候補が来ない場合

ありがとうございます。是非、一度お茶しましょう。

など、会うのがOKの場合は、時間・場所の候補を返しましょう。

ありがとうございます。来週の火・水の仕事帰りはご都合いかがですか。○○駅の東口で19時とか。まずはお茶を一杯☕️

会ったら○○(それまでに話してきた趣味の話題等)のこと詳しく教えて下さい。

1つ前のメッセージで「○○駅」「お茶だけ」と書いていても再度書きます。女性が男性に会うときは常に「変な所に連れて行かれるのではないか?」と警戒していますので、本当にお茶だけである事を強調します。

相手から日時・場所の候補が来た場合

ありがとうございます。来週の後半が空いているのですが、○○駅でご都合いかがですか?

など、相手から日時・場所の候補が来た場合は、

ありがとうございます。じゃあ来週○曜に○○駅の東口でお願いします。19時で良いですか?一杯だけお茶しましょう☕️

会ったら○○(それまでに話してきた趣味の話題等)のこと詳しく教えて下さい。

 

相手からOKの返事が来たら「了解です。楽しみにしてます。」と返しましょう。

会う日が1週間以内の場合は、以降は当日までメッセージのやりとりは出来るだけ控えましょう。話し足りないくらいの方がお互い気持ちが高まり、また、変なぼろ(相手との好みの違いや、性格の違い等)を出して待ち合わせが中止になるのを避けるためです。

この時点では駅の出口まで決めておけば、具体的なお店までは言わなくてOKです。連れて行くお店でアピールするわけじゃないし、行くお店がチェーン店だったら書いても特になる事はないからです。
相手によってはお茶ではなく、いきなり食事に行きたがる女性もいます。その場合は、会ってみて嫌だった時のリスクや出費を考えて、OKするか決めましょう。

待ち合わせ場所の注意

お店は会ったその場ではなく、事前に決めましょう。

Google mapや食べログ等で雰囲気の良さそうなカフェを検索してあたりをつけておきます。その後、できれば前日までに見に行って、混み具合や騒がしさをチェックしましょう。

お店の中に入っていき「今度(または)このあとお茶したいのですが、どんな雰囲気かなと思って、ちょっと見て良いですか?」といえば店員さんがOKしてくれるので、初めてのお店の場合は中に入ってみましょう。

店員さんによってはメニューを見せてくれたり、人数を聞いてきてオススメの席を教えてくれたりします。途中で気まずくなったら「食事やケーキを頼まなくても、お茶だけもいいですか?」などと聞いてみてもいいです。

最後は「ありがとうございます。また来るかもしれません。」といってお店を出ましょう。少しでもお店に入って店員さんと話しておくと、後で女性と来たときの緊張が減ってよいです。

一通りお店をみたら、なるべく他のお客さんと席が離れていて、話しやすそうなお店に決めましょう。

ドトールやタリーズ、プロント等は隣と席が近すぎたり、スタバは話している人がいなくて静かすぎたり、マクドナルドやロッテリアは騒がし過ぎて話しにくかったりします。反対に、流行っている個人店は混んでいて落ち着かなかったりするので、その時のベストを選びましょう。

ただし、昔ながら喫茶店やタバコの匂いがきついお店は避けましょう。デパートの中の喫茶店が意外と穴場です。

都市部以外の地域の場合はそもそもカフェが少ないので、チェーン店しか選択肢がないケースがあります。その場合はチェーン店で問題ありません。むしろ、郊外のお店は店内が広く、ゆったりしていて話しやすい席が多いです。イオンモール等の中のお店もありです。

よくデートではカウンター等の「横並びの席が良い」と言いますが、初対面は普通に向かい合うテーブル席にしましょう。女性からしたら、よく知らない人が顔の見えない横隣にいても怖いだけです。「横並び席」は次回以降の距離を縮めたい時に使うのでとっておきましょう。

でも、真正面で向かい合うのも堅苦しいので、テーブル席についたら体を左右のどちらか斜めに向け、相手と目線が向かい合わないようにしましょう。

つづきはこちら

8.待ち合わせる【2019超まとめ】確実に彼女を作りたい人へ
当日、家を出る前に 準備を見直して、見た目と心の準備をしましょう。口臭対策用のOra2やブレスケアはコンビニでも買えます。 事前のオナニーはしてもしなくても関係ありません(本当)。 ただし、賢者モードは自分のテンションを下げるので、す...


この記事を書いた人
渋谷夕(しぶやゆう)

アラフォー会社員。 元ひきこもりデブオタ→30歳から出会いサイト/アプリ/合コン/ナンパなど一通り。恋人が欲しい男女を応援しています。

渋谷夕(しぶやゆう)をフォローする
タイトルとURLをコピーしました